電話応対の外注化が必要な期間だけ電話代行サービスを活用

お問合せ・資料請求
Tel.0120-922-899

24時間365日お気軽にお問い合わせ下さい
ご契約月は無料でお試し!

HOME > 電話代行トピックス > 人を雇うよりも絶対に安い電話代行の活用

電話代行サービスの活用は、人を雇うよりも絶対に安い!

費用効果抜群の電話代行サービス

会社の経営に必要なのは「人、資金、物やサービス」そして顧客や協力会社などからの「信用」ですが、これらの全てを充実させるためには長い年月が必要になります。

会社にはコアになるものがあり、そのコアになるものがコンパクトになっていると、まわりの変化に影響されにくいため、会社の事業は安定的に推移します。収益が上がってくるとコアになるものを増やして事業の拡大を図るのが一般的なか会社経営ですが、それぞれのコアになるものは常にコンパクトであることが不可欠です。

事業の拡大に合わせて人を雇用して図体を大きくしてしまうと、売上の減少や事業が低迷してしまうと、増えてしまったコストをカバーしきれなくなってしまいます。一度大きくなってしまった図体を小さくすることは、太ってしまった体をダイエットするのと同じで大変なことです。会社の経営で固定費を高くしてしまうと、下げるのが非常に難しいですが、最悪の場合には倒産に陥ることもあります。

人を育てるより良い外注先を探す方が容易

人が増えて図体が大きくなってしまうと、売上が低迷した時に人件費のカットを簡単に行なうことはできません。中小企業の人材不足とは、ただ単に人手不足ではなく、企業を支えることができる良い人材が不足しているということです。

中小企業で人を採用して良い人材を育てるのは至難の業で、せっかく育てても転職されてしまう可能性もあります。そのため、自社で人を雇って育てるよりも、良い外注先を探す方が容易で確実性もあります。

電話代行を活用すれば人件費を外注費にできる

リストラ

中小企業が売上低迷時に赤字に陥る要因は、ほとんどの場合が人件費です。景気が悪くなったり競合会社が増えてくると、一時期は売上が伸びても必ず下降してくる時期が訪れます。売上が伸びている局面で多くの人材を雇用してしまうと、売上の下降に応じて人員整理(リストラ)を行なわなければ会社の経営が成り立たなくなってしまいます。

電話代行サービスとは、単に御社の代わりに電話応対するサービスですが、電話の受付と転送を行なうだけサービスから手配まで行なうサービス、そして予約代行やクレーム対応、メールの受信・送信代行など、御社の業務や要望に合わせて様々な活用方法があります。

受付記録を保存してマニュアル化していくことでノウハウが構築されて行きますが、電話応対を代行するだけでなく、御社の窓口として「コールセンター」としての役割を果すことも可能です。

電話応対の業務を外注化して電話代行サービスを活用すれば、その経費は人件費ではなく外注費になりますので、売上が低迷して会社経営が苦しくなった時は、簡単に経費カットすることが可能です。

RTC電話代行サービスは、様々な中小企業の電話応対を中心に契約することで、ひとつの企業に依存しない経営を目指しております。そのため、電話応対の外注化が必要な時に必要な期間だけ電話代行サービスを活用できるように「1ヵ月ごとの契約更新」としています。


まずは電話代行サービスを活用して、電話応対の外注化をお試しください。電話代行に満足していただければ、その後に事務代行や営業代行とアウトソーシング化が続き、周囲の動向に左右されにくいコンパクトな経営が実現できます。


↑ PAGE TOP