電話受付記録の保持と電話応対のマニュアル化で電話代行サービスの利用価値を高める

お問合せ・資料請求
Tel.0120-922-899

24時間365日お気軽にお問い合わせ下さい
ご契約月は無料でお試し!

HOME > 電話代行トピックス > 電話代行サービスの利用価値

電話受付記録の保持と電話応対のマニュアル化で、電話代行サービスの利用価値を高める。

電話の受付記録は企業の歴史

電話代行サービス

今日の電話は何本入電したか? 昨日は? 昨年の今日は? そしてどんな問い合わせ内容があったのか? この様な電話受付記録の実質データをお持ちですか?

この電話受付記録の実質データこそが、正確な経営分析を可能とします。長年かけて積み重ねると見えてくる、その企業の弱点や強みに気付くかも知れません。

当社の電話代行サービスでは、ご契約期間中の受付時間・着信履歴・受付本数・対応記録を保持しておりますので、過去のデータ分析を行う時に貴重なデータ資料となります。

精度の高いマニュアルは1日にしてあらず

電話代行業者を利用すると、何度も何度も同じ事を聞かれるので業務は減らないし、実際に自分が電話に出て対応した方が早いと思いませんか? しかし、仮に従業員を雇っても同じ事です。せっかく教えた従業員が退職してしまうと、振り出しに戻るなど品質が安定しないのも事実です。

その問題点は、電話応対のマニュアル化が徹底されていないのが原因の1つのと考えます。当社の電話代行であるネクストプランでは、日々の電話対応履歴を記録し、問題点があれば改善する。そして、それをマニュアルします。その繰り返しがマニュアルの精度を高め、品質の安定感を保ち、誰が対応しても一定の品質で対応ができるようになります。

>>電話代行トピックス一覧>>

↑ PAGE TOP