電話代行オペレーターのスキルやテクニック向上と、日頃からのイメージトレーニングについて

お問合せ・資料請求
Tel.0120-922-899

24時間365日お気軽にお問い合わせ下さい
ご契約月は無料でお試し!

HOME > 電話代行トピックス > スキルやテクニックの向上

電話代行オペレーターのスキルやテクニック向上とイメージトレーニング

電話代行オペレーターは、様々な経験と反省でスキルとテクニックを向上しており、用件を効率よく進めるために、日頃からイメージトレーニングを欠かしません。

実務経験に基づいた知識と技術で電話応対のプロとしての自覚

オペレーターのスキルやテクニックの向上

電話代行サービス

電話代行サービスのオペレーターは、実務経験に基づいた知識と技術で電話応対のプロとしての自覚を持って、クライアント様と電話をかけて来られたお客様の立場を理解した上で業務を遂行します。

電話応対は相手の表情を見ながら会話することができませんので、一般的に顔を向き合わせて会話するよりも、相手の顔を見ることができない電話応対の方が難しいと言われています。電話応対の仕方によっては、電話の相手に良い印象を与えることもできますが、状況によっては悪い印象を与えてしまう場合もあります。コミュニケーションは、いろいろな状況での経験の積み重ねが大変重要ですが、その経験と反省がオペレーターのスキルとテクニックを高めていきます。

基本的に電話代行サービスは、事前にクライアント様と協議して作成した業務マニュアルを元にして行いますが、電話応対で大事なことは相手への思いやりです。「自分がお客様の立場だったら・・・」「自分がクライアント様の立場だったら・・・」と、立場を置き換えながら電話応対することによって、自分でも電話対応の良し悪しが分かる様になります。そして、様々な状況で電話応対した多くの経験が肥やしとなり、プロのオペレーターとして成長していきます。

プロのオペレーターはイメージトレーニングも欠かしません

通常の会話もそうですが、電話を介した会話は相手に事務的な印象を与えてしまっては味気ないものになってしまいます。多少は本来の内容から脱線した世間話しに付き合いながら、しっかりと会話の主導権を握り、会話をコントロールする技術も必要になります。

相手に悪い印象を与えずに会話の主導権を握り、用件を効率よく進めるためには日頃からのイメージトレーニングが大事です。様々な状況を想定して、返す言葉や対応方法、話題をイメージしてトレーニングしておくことで、会話がスムーズに行なえる様になります。


RTC電話代行サービスでは、自社サービスの電話応対で多くの経験を積み、スキルとテクニックを兼ね揃えたオペレーターが電話代行サービスのオペレーターを担当して、クライアント様の電話受付業務を責任を持って代行しております。電話代行サービスの導入をご検討の際は、お気軽にご相談下さい。

>>電話代行トピックス一覧>>

↑ PAGE TOP