電話代行サービス活用で経費節減とスタッフの雇用リスク低減を実現

お問合せ・資料請求
Tel.0120-922-899

24時間365日お気軽にお問い合わせ下さい
ご契約月は無料でお試し!

HOME > 電話代行トピックス > 経費節減とスタッフの雇用リスク低減

電話代行サービス活用で経費節減とスタッフの雇用リスク低減

電話代行サービス

電話の受付応対は、お客様からの問い合わせや取引先からの連絡を受付けますので、会社運営にとって重要な業務となります。電話受付スタッフを雇用する場合、そのスタッフが急に休んでしまった時や急に退職した際の対策として、電話受付業務を兼任できるスタッフを2名、3名と抱えている企業もありますが、生産性も低くなり人件費が会社経営の重荷となってしまいます。

電話受付兼事務スタッフを数人抱えて会社運営する方法もありますが、事務作業などはシステムソフトウェアを活用すれば、効率よく処理できるようになりますので、結局は余剰な人員を雇うことになってしまいます。

電話代行サービスはスタッフを雇用するよりも少ない経費で利用できますので、電話受付応対業務を電話代行サービスを活用することで、人件費を抑えスタッフの急な退職のリスクもなくなります。

電話代行サービス利用時の転送設定について

電話代行は電話に出れない時にその会社の代わりに電話対応をするサービスが基本となります。電話応対する際は、貴社名で応対して住所やサービス内容の問い合わせに対して、スムーズに受け答えできる体制となっております。

電話代行サービスを利用する際、電話の転送設定を行いますが、電話の転送設定はNTTであれば116に電話して転送設定依頼すれば、すぐに始められるサービスで、サービス名は「ボイスワープ」です。KDDIやソフトバンクテレコムなどにも同様のサービスがございますが、月額の利用料金は800円程度です。

ボイスワープは会社側の電話機で転送設定をすれば、いつでも好きな時に転送が可能となりますので、定休日や夜間、そしてチョット外出したい時に電話だけはつながる状態にしたい場合など、電話代行サービスは低料金で利用できる非常に便利で、リスクの少ないサービスです。

>>電話代行トピックス一覧>>

↑ PAGE TOP